株式会社コロプラ

設立日

2008年10月01日

WebSite

http://colopl.co.jp/

オフィス

東京都渋谷区恵比寿南1-15-1
A-PLACE恵比寿南3F

役員構成

代表取締役 馬場功淳
(CEO Naruatsu BABA)

取締役副社長 千葉功太郎

取締役CSO 長谷部潤

取締役CFO 土屋雅彦

取締役 石渡進介

監査役 長谷川哲造

監査役 岡涼吾

主要株主

未公表

ファイナンス履歴

2011/06 50,000万円調達
KDDI株式会社

BLOG

「コロニーな生活☆PLUS」略して「コロプラ」運用Blog

株式会社コロプラ


事業概要

掲載日:2009/11/17
株式会社コロプラはユーザーの位置情報を利用したシミュレーションゲーム「コロニーな生活☆PLUS(通称「コロプラ」)」を提供している。

Colopl Corporation is the provider of “Colony life☆PLUS” (Colopl), a simulation game which uses the mobile GPS system.

同社の提供する「コロプラ」は歴史が古く、2003年5月に同社社長の馬場氏が個人的に自宅のサーバーで前身のサービスを開始した。当時はGPS機能がつ いた携帯電話の販売と携帯電話のパケット通信料の定額化が始まったばかりで、GPS機能を使ったモバイルゲームはほとんど提供されていなかった。そのため 「コロプラ」は位置情報ゲームカテゴリのパイオニアであり、最大のゲームサイトである。

The beginning of the service dates back to May 2005 when present president Baba started the game with his personal server at home. Back in those days, mobile phones equipped with GPS nor flat rate packet communication fees were popular and only a few mobile games which used the GPS existed. This is why Colopl became the pioneer and now the biggest game site in this “Ichi-ge (meaning “location game”)” market.

「コロプラ」では、ユーザーがゲームを始めるとコロニーという自分の街を一つもらえる。ユーザーは自分の街に水を供給する「貯水池」や、酸素を供給する 「木」、食料を供給する「農場」を設置することで人が住みつき、街が発展していく。これらの資源を購入するにはゲーム内の仮想通貨「プラ」が必要となり、 「プラ」はユーザーが移動した距離に応じて与えられる。移動に応じて仮想通貨を手に入れることができるため、フライトアテンダントや運転手など移動が多い 社会人に人気だ。

n the game Colopl, a user is first granted a town called a “Colony”. When the use provides “water reservoirs” for water, “trees” to provide air or “farms” to provide food, people start living in the Colony which gradually expands. To provide these resources, a user needs virtual money called “Pl”, which is given out based on the real distance transported by the user. Because of this, the game is popular among working people like flight attendants or drivers.

「コロプラ」のシステムにはいくつかの制限がつけられている。例えば、一般的なソーシャルゲームでは、友達のアバター等を自由にのぞきに行くことができる が、「コロプラ」では友達のコロニーですら自由にのぞくことができない。自分がいる場所と同じエリアにいるユーザーのコロニーしか覗くことができないし、 掲示板やメール等でもコミュニケーションを取ることができない。ユーザーの名前も自由に設定することができず「第123456コロニー」という番号で表示 される。ソーシャルゲームというとユーザー同士の現実社会での関係性(ソーシャルグラフ)をゲーム内に反映させて「ネットワークの外部性」を働かせようと するのが一般的だ。しかし「コロプラ」は逆にソーシャルグラフをゲームに取り入れていない。この制限による不便さが「コロプラ」の魅力であり、ユーザーに 移動するきっかけを与えていると同社代表取締役の馬場氏は言う。

On the other hand, there are some limitations on the Colopl system. For example, you cannot browse your friend’s Colony freely. This is not the case in a normal social game service. Generally, a user can access freely to another user’s avatar. However in Colopl, a user can only see the colony of a friend who is in the same area, and cannot even communicate by BBS or mails. Furthermore, a user is unable to register their nicknames on their own. Instead, they are assigned an identification number like “123456 Colony”. It is often the case with social games to reflect the real world social relationships (social-graph) to the virtual world and promote network externality. However, Colopl does not adopt social-graph in their game. President Baba comments that this inconvenience is the advantage of Colopl and also the trigger for user to transport.

また、ゲーム内アイテムと連動したお土産カード「コロカ」を使った来店・販売促進サービスも展開している。コロカは提携した指定店舗に行き、一定金額以上 の買い物をすることで入手できるコレクターズアイテム。2009年11月時点で全国24店舗で導入されている。コロカの提携店舗には茨城県筑波の地酒とい う比較的東京から行きやすい店舗から、北海道根室の大漁旗という札幌から車で6時間もかかる店舗など、「旅費をかけてまで行く価値のある日本の良いもの」 という視点と地理的な難易度とに応じて提携を進めている。今後ゲームのバランスをとりながら1都道府県あたり4,5店舗とし、200店舗限定で提携を進め ていき、ミシュランに掲載された世界中のレストランを食べ歩くように、コロプラで日本の伝統物産を巡る仕組みを作っていきたいと馬場氏は言う。

Colopl also seeks a new field which is the shopping promotion service using “Coloca”, a souvenir card associated with the items in the game. When a user shops a certain amount at a real store partnering with Coloca, the user can receive a collector’s item. As of November 2009, there are 24 partner shops in Japan. Some shops are easily accessible from Tokyo, for example the “Jizake (meaning local sake)” of Ibaragi, Tsukuba, but some shops are far like the Hokkaido, Nemuro “Tairyoubata” which takes 6 hours by car from Sapporo. Colopl is partnering with shops based on the concept “Japanese favorites worth going to” and also the geographic difficulties they possess. They aim to open 4-5 shops per prefecture and partner with only a limited 200 shops. President Baba shares his vision of creating a system which promotes people to travel and get to know the traditional products of Japan, just like how people travel worldwide to visit the restaurants on the Michelin's guidebook.

2009年10月30日には、同社とJR九州とが組み、「九州一周塗りつぶし位置ゲーの旅」の開始及び専用きっぷ「コロプラ★乗り放題きっぷ」を販売する と発表した。携帯電話の位置情報を利用し、九州各地の50駅を実際に訪問する数を競うスタンプラリー形式のゲームだ。ゲーム画面に九州の地図を表示し、参 加者が設定された駅を訪問して携帯電話の位置情報を発信すると、駅周辺地域の色が変わる。多くの地域を塗りつぶすと「コロプラ」で使うアイテムなどがもら える。

On October 30, 2009, Colopl announced its partnering with JR Kyushu to start the sales of a new train ticket exclusively for Colopl use. The ticket promotes a stamp rally style game where the users competes the number of stations they visited out of the 50 stations in Kyushu. The map of Kyushu is displayed on the game site and when the user visits and sends the location information of a station registered, the color of the area changes. If the user paints a number of areas, they can receive game items which can be used in Colopl.

「コロプラ」は家に引きこもって楽しむ他のゲームとは異なり、日本全国を巡って楽しむ仕組みがふんだんに盛り込まれている。同社は「モバイルインターネッ ト上で何かをしようというのではなく、日本の地域が若者で賑わい元気になって欲しい。」と言う。「コロプラ」を楽しめば楽しむほど日本が元気になる。こん な楽しい社会貢献は他にはないだろう。

Colopl is different from traditional games because it is not designed to enjoy indoors, but to promote travel and outdoor activities. Colopl’s objective is not to start something with the mobile internet, but to revitalize the Japanese regions with young energy. “The more you enjoy Colopl, the more Japan becomes energetic”. If Colopl creates this system, playing Colopl must be the best way to contribute to society.

株式会社コロプラ

広告掲載について