株式会社ClubT

設立日

2005年09月15日

WebSite

http://www.clubt.co.jp

オフィス

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-8-3
グレース原宿201

役員構成

代表取締役 三宅朝広
(Founder&CEO Tomohiro MIYAKE)

取締役 松山太河

取締役 花房美香

取締役 吉田敬

取締役 西野伸一郎

主要株主

クロノスファンド
(株)グラフィッククリエーション
吉田敬
西野伸一郎
大和企業投資(株)
GMO VenturePartners(株)
オリックス・キャピタル(株)
(株)ドリームインキュベーター
(株)アエリア
ZenShin Capital Partners
財団法人都築国際育英財団
野納敏展
弊社取締役

ファイナンス履歴

2007/03 未公表
(株)ドリームインキュベーター

2006/08 1,000万円調達
オリックス・キャピタル(株)

2006/06 2,000万円調達
大和企業投資(株)
GMO Venture Partners(株)

2006/03 未公表
(株)アエリア
ZenShin Capital Partners

2005/09 未公表
クロノスファンド

Twitter

ClubT倉淵

BLOG

ClubT:オリジナルTシャツプリント

株式会社ClubT


事業概要

掲載日:2011/04/09
株式会社ClubTは登録クリエイターが企画したオリジナル商品の生産、販売を行うECサイト「ClubT」を運営するスタートアップだ。

ClubT Ltd., the start-up, runs the EC site "ClubT", produces and distributes the original merchandises that are planned by the registered designers.

ClubTには他のECサイトやアパレルショップではまず見ることない数多くの個性的なTシャツやマグカップなどオリジナル商品が販売されており、2011年3月現在の商品数は900万点以上を数えるという。その理由はクリエイターに対してノーリスクでスピーディーにオリジナル商品を販売することを可能にするビジネスモデルにある。

The original merchandises such as T-shirts or Mug cups etc. are so unique, and the number of items on the site is surprisingly high. As of March 2011, it is just over 9 millions and still increasing, because of their business style that the designers can start selling their original merchandises immediately without taking any risks.

ClubTは、販売事業者が在庫を抱えずに商品を販売できるドロップシッピングに近いビジネスモデルを採用している。通常のドロップシッピングではECサイトに対してドロップシッピング事業者が仕入・在庫管理や商品の発送機能などを提供することで、ECサイトが商品の販売とマーケティングに集中できる、という価値を提供している。これに加えてClubTでは「クリエイターが企画したオリジナル商品を生産する」機能も提供している。
クリエイターは自分が企画したグラフィックデザインをClubTに登録する。ClubTは顧客から商品の注文があるごとに無地のTシャツやマグカップにグラフィックデザインを印刷して顧客に発送する。このような受注生産の形式を取ることでクリエイターだけでなくClubT自身も在庫リスクを抑えながらオリジナル商品の販売ができる。そしてクリエイターは在庫リスクを抱えずに商品企画ができるため、次々に新商品を企画できる。そのため現在月間数十万点のペースで新商品が増えているという。

ClubT adopted the business model that the distributors are able to distribute the merchandises without keeping any stocks, just like “Drop shipping”.
In general, value that drop shipping operator provides the function of stock control and logistics to EC site, so that EC site can concentrate on sales and marketing is offered. Additionally, ClubT offers the function for producing the original merchandises planned by the designers.
First of all, designers register their original graphic design on ClubT, and every time ClubT receives the order, the graphic design will be printed on T-shirt or Mug cup to be sent out to the customer. Not only for the designers but also ClubT can sell the original merchandise by taking advantage of “production by order” without taking the risk on inventory.Also the designers can think up the new items in sequence without concerning the stock control. Therefore, the number of the new item increases a few hundred thousand each month.

クリエイターが気軽に新商品を企画できることで、ClubTには個性的な商品が多く登録されている。中でも目立つのが世相を反映したデザインだ。Twitterで話題になりWall Street Journalにも掲載された「sengoku38」(尖閣諸島沖での中国漁船衝突問題で海上保安庁が撮影したビデオがインターネットに流出した事件でビデオを流出させた人物が使用したYouTubeでのユーザー名)をモチーフにしたグッズや震災の被災地への応援メッセージをプリントしたグッズなどが販売されている。企画から最短1日で商品化可能なClubTならではのラインナップだ。
また、在庫リスクが少ないことから、通常の流通ルートでは商品化しにくい、数が出ないようなマイナーなものをモチーフにしたデザインも商品化できる。例えば戦国武将に関わるデザインの中でもClubTは誰もが知っているメジャーな武将よりもその家来といったマイナーな武将のデザインがうけているという。ClubTでは個人クリエイターの作品だけでなく、テレビ局や出版社からライセンスの提供を受け商品の生産を行なっている。こちらでもメジャーなキャラクターだけでなく他では手に入らないようなキャラクターの商品が手に入ることもあり人気を集めているという。

As the designer can readily plan the new items, a lot of unique items are registered in ClubT, most notably the designs which reflected the social conditions. Such as “sengoku38”, the YouTube user name who uploaded the video from Senkaku boat collision incident in 2010 (It was on Wall Street Journal and Twitter), and encouraging message for the earthquake victims in Tohoku district are printed on the various goods.
Moreover, the designs that may not be for mass can be commercialized as there is no inventory risk. For example, the designs with retainers in Warring States period are popular on ClubT instead of well known warlords. Also ClubT is licensed from TV stations and publishers, and produce their original products including major characters or the ones you cannot find anywhere else.

現在ClubTはスマートフォンケースに注目している。スマートフォンにはストラップが付けられない場合が多く、携帯電話におけるストラップの代わりになるものとしてオリジナルデザインを印刷したスマートフォンカバーが人気を集めると考え、各種スマートフォンのケースの販売を強化している。他には様々な素材に印刷できる技術を活かして、インテリアやPCの周辺機器にも対象分野を広げることを検討しているという。価値観が多様化するに連れ、個性を表現するためにClubTのサービスを利用する人は今後も増えそうだ。

ClubT is spotlighting on the smart phone case nowadays as it is getting more popular than mobile phone. They believe that smart phone case will become popular, like the straps for mobile phones, and reinforce the sales of various cases with original designs on. As their new target, they are planning to expand to interior or peripheral fields by utilizing the great printing technique. As sense of values becomes more multifaceted, the number of ClubT service users will be increased for expressing individuality.

株式会社ClubT

広告掲載について