株式会社デジタライズ

設立日

2002年04月01日

WebSite

http://www.digitalize.biz/

オフィス

広島県広島市西区西観音町2-1
第3セントラルビル1F

役員構成

代表取締役 藤本英俊
(Founder&CEO Hidetoshi FUJIMOTO)

取締役 佐東弘一

取締役 池田幸治

監査役 崎田和伸

主要株主

藤本英俊
(株)広島ベンチャーキャピタル
ngi group(株)
(株)エス・ケイ・ベンチャーズ
ごうぎんキャピタル(株)
とっとりキャピタル(株)
(株)中国銀行
いよぎんキャピタル(株)
大和企業投資(株)
SMBCベンチャーキャピタル

ファイナンス履歴

2009/06 10,100万円調達
(株)広島ベンチャーキャピタル
ngi group(株)
(株)中国銀行
いよぎんキャピタル(株)
大和SMBCキャピタル(株)

2008/07 10,100万円調達
ngi group株式会社
広島ベンチャーキャピタル
エス・ケイ・ベンチャーズ
とっとりキャピタル
ごうぎんキャピタル

2008/06 6,000万円調達
(株)広島ベンチャーキャピタル
ngi group(株)
(株)エス・ケイ・ベンチャーズ
ごうぎんキャピタル(株)
とっとりキャピタル(株)

株式会社デジタライズ


事業概要

掲載日:2011/05/17
広島に本社を置く株式会社デジタライズは「広告マーケットプレイスPitta!」(ピッタ!)を提供するベンチャー企業だ。

Digitalize Inc. is a venture company who offers "Advertising marketplace Pitta!", and headquarter is located in Hiroshima.

デジタライズは2002年に創業し、当時はホームページ制作を中心に事業展開していた。ホームページの制作件数が増えてくると、今度はクライアントから広告を出稿したいという要望が増えてきたという。要望を受けた当初、デジタライズでは地元広島の有名ブロガーと直接交渉し、クライアントの広告を掲載していた。ブロガーからは月5,000円の広告収入があるだけでも喜んでもらえ、クライアントからは低コストで効果の上がる広告出稿ができたことで満足してもらえたという反応がその時にあったという。ここからブロガーなどの小規模だがユーザの支持を集める個人メディアと、地元の顧客や小規模でも綿密なマーケティングを行ないたい企業とのマッチングに市場のニーズを見出し、サービス化したのが「広告マーケットプレイスPitta!」だ。サービス化することで地元広島だけでなく全国のメディアと広告主を顧客として取り込んでいる。

Digitalize Inc. was established in 2002, mainly engaged in web-page design at the time, however, as the number of web-page design orders increased, the clients started to request for advertisements. At first, they negotiated with local bloggeratus in Hiroshima to advertise clients’ ads effectively, therefore, “Advertisement Marketplace Pitta!” has become their main service that matches individual media and the enterprises who wish to set their markets in local area although it is small scale. The media and the advertisers are not only locals in Hiroshima but also across the country.

Pitta!の利用者はサイト運営者と広告主に分かれる。サイト運営者は自分のサイトをPitta!に登録し広告枠を設置し、Pitta!上で広告主を募集する。広告主はPitta!上に登録されている広告枠に対して広告を出稿する。サイト運営者は広告枠を設置すればPitta!から広告が配信されてくるのでアフィリエイトのようにキャンペーン毎に広告タグを貼り替えたりせず、最小限の管理で収益を得ることができる。一方、広告主は多くのサイトの中から自社ターゲットに合うサイトに少額(3,000円)から広告を出稿できる。
2011年4月現在、約7,000媒体がアクティブにPitta!を利用しており、配信インプレッション数は11億程度だという。Pitta!に登録されているサイトには個人ブログなどの小規模メディアも多く、大規模メディア中心に運営されている大手の広告マーケットプレイスとは一線を画す。

Pitta! users are devided into website operators and advertisers, and the operators register own websites on Pitta! to find applicable advertisers.
The advertisers place their advertisement on registered advertising spaces. Once the web-site operators set the advertising spaces up, Pitta will send the advertisements, therefore the operators can make profits at minimum management without updating advertisements continually. On the other hand, the cost of advertisement on appropriate websites starts from only 3,000JPY. In April 2011, 7000 media are utilizing Pitta! actively, and the number of impressions just reached over 1.1 billion. The websites registered on Pitta! include small media such as individual blogs, that draws a clear line separating it from the big scale media for major market places.

ブログなどの個人メディアには運営者の趣味に関する記事が多いため、Pitta!では現在ホビー要素の強い広告主の獲得に力を入れている。多様なメディアを抱えるPitta!は、極め細やかなターゲティングを手軽に行ないたい広告主の要望に答えるため、複数のメディアをパッケージ化した販売も行なっている。イラスト関係のコミュニティやサイトを集めた「イラストパック」や、Twitter関係のサービスを集めた「Twitterパック」などを提供している。ここ最近は活況を呈するソーシャルゲーム、オンラインゲーム市場の影響を受け「ゲームパック」の売れ行きが好調だという。

The individual media such as blogs usually contains the articles of interest, therefore Pitta! is focusing on acquiring hobby-oriented advertisers. As Pitta! cooperates with various media, a few media packages are also available for advertisers who wish to do detailed targetting, such as «Illustration Package» with illustration related websites and communities, and «Twitter Package» with Twitter related services. «Game package» is in good demand current days since social game and online game markets have been also in great demand.

一方で市場の成長自体は鈍化しており、広告マーケットプレイスのプレイヤーの数も数社に限定されてきている。各プレイヤーは他サービスとの差別化を求められており、多くの企業は広告のターゲティング精度で差をつけようとしている。そんな中デジタライズは自社の強みであるデザインに力をいれている。デジタライズは創業以来ホームページ制作に取り組んでおりその中で培ったサイトデザインやUIのノウハウを活かして顧客であるサイト運営者と広告主の支持獲得を狙う。小規模メディアや少額のキャンペーンも多いPitta!では手軽に綿密かつ機動的に広告管理が出来ることが求められるため、ユーザにとってサービスの使い勝手の良さは重要な要素だ。事実、2009年にはPitta!が、2010年には自社で開発したAndroidアプリ「かんたん食事レコーディング eat-up」がグッドデザイン賞を受賞しており、デジタライズのデザイン力の高さには既に実績がある。飽和し始めた市場でデジタライズがどう戦っていくか、今後も注目したい。

On the other hand, as the growth of the market has become slower, the number of players of the advertising marketplace has been limited to several companies.
Each player is required to differentiate from other services, and most of enterprises are trying to differentiate by targeting precisely, however, Digitalize Inc. is focusing on the design as their strength. They have been mainly working on web-page design since their establishment in 2002, therefore they are trying to aim at aquiring website operators and advertisers as their valued clients by using the knowledge of website design and user interface.
It is very important for the service to be easy-to-use but also the advertisement should be managed easily for the users as most of them are small media or low budget campaigns.
In fact, their designs have achieved great results. Pitta! was awarded «Good design award» in 2009, and «Easy meal diary eat-up», self-developed application for Android, was awarded in 2010. We would like to pay attention to Degitalize Inc. how they are going to remain viable in the saturated market.

株式会社デジタライズ

広告掲載について