株式会社モバキッズ

設立日

2007年04月05日

WebSite

http://www.mobakids.jp/

オフィス

東京都東京都千代田区 神田司町2-19
神田司町ビル401

役員構成

代表取締役 田村健太郎
(CEO Kentaro TAMURA)

社外取締役 榊原健太郎

主要株主

(株)サムライインキュベート

ファイナンス履歴

2011/10 450万円調達

Twitter

代表取締役 田村健太郎

BLOG

タムケンブログ(代表取締役 田村健太郎)

株式会社モバキッズ


事業概要

掲載日:2009/06/16
株式会社モバキッズはアマチュアマンガの投稿・共有サイト「MANGAROO」を2009年8月から提供している。

Mobakids Corporation has launched an amateur comic (manga) posting/sharing website “MANGAROO” in August, 2009.

Web2.0的なサービスの普及により多くのブログサービスや、YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サイトで一般の個人が制作した作品が人気を呼 び、メディアで紹介されたりするようになった。「MANGAROO」はそれらUGCコンテンツ(ユーザーが制作、投稿したコンテンツ)サイトのマンガ版を 目指す。

The spread of Web 2.0 services have created new opportunities, and many creative works by individuals are gaining popularity through blogs, YouTube, and video-sharing websites such as “Niko-Niko-Dohga”. They have even attracted enough attention to be introduced through the media. “MANGAROO” will aspire to become a UGC (user generated content) website specialized in “manga” among all existing UGC websites.

 電子コミックの市場規模は2005年以来毎年約40%ずつ成長しており2008年度で350億円(インプレスR&D調べ)となっている。一方、 一般個人が(紙の)マンガを自主制作し、コミックマーケットなどで販売する同人誌関連市場は2007年度で550億円(矢野経済研究所調べ)であり、こち らも現在成長している市場だ。電子コミック市場、(紙の)同人誌関連市場ともに注目すべき成長市場だが、電子コミック市場の中では同人作品が扱われている 場所が、現状ほとんど無い。モバキッズはこのギャップに着目した。「ぼく、オタリーマン」(単行本がシリーズ累計100万部販売)や「ヘタリア」(同50 万部以上販売)などブログや個人のホームページで展開されたものが話題を呼び、単行本化されヒット作品になったものも多く、プロ・アマ問わず内容の優れた 作品であればユーザーから支持が得られると同社は読む。

The electronic comic market has been growing annually by 40 percent since 2005 and the market size has reached 35 billion yen (reference; Impress R&D) in 2008. On the other hand, the coterie magazine-related market, where individuals self-paper-publish and sell comics, reached 55 billion yen (reference; Yano Research Institute Ltd.) in 2007 and is also a growing market. Both the electronic comic and coterie magazine-related market are notable thriving markets. However, the current electronic comic market does not handle many coterie works. Mobakids focused on this gap. Manga published through blogs and individual websites, such as “Boku-otariman” (book series totaled 1 million sales), “Hetaria” (book series totaled 500 thousand sales) have generated publicity and become big hits after being published as paper books. Mobakids expects that first class work will win support from users regardless of whether the author is professional or amateur.

 「MANGAROO」では最初に一般ユーザーから投稿された作品を、他のユーザーが無料で読めるサービスを提供する。投稿作品と閲覧ユーザーが集まった ら次のフェーズの戦術として、出版社が保持する作品の中でも一般の流通に乗りにくい新人作品や絶版作品をコンテンツとして扱いたい方針だ。これらの作品も 無料で提供するという。プロ・アマともに作品が十分に集まったら、最終的には個人でも出版社でも、WEB、モバイル、iPhone向けに作品を自由に販売 できるコミックマーケットを提供する、という戦略を描く。

“MANGAROO” will first provide a free service where users can read the works posted by other users. In the next phase, when there are enough posted work and audience, Mobakids plans to take up manga works which are difficult to sell through general distribution channel such as few faces and out of prints. This content will also be provided for free. After a certain amount of both professional and amateur works have gathered, Mobakids will eventually provide a comic market where individuals and publishers can sell their work for websites, mobile devices and iPhones.

個人が制作したマンガを投稿するサイトはこれまでにもいくつか存在していたが、大規模に成長した事例はほとんど無い。モバキッズはこの理由を「サイトの使 いづらさ」が原因の一つであると分析する。これまでのサイトには専用ソフトのインストールを要求したり、閲覧時に別ウィンドウを立ち上げるなど投稿者も閲 覧者も使いにくいものが多かった。同社はFlashベースの生成エンジンを開発し、ユーザーが使いやすいサイトを目指している。また、同社は上場企業をは じめとして多くのクライアント構築実績を持ち、Web制作のプロとしてユーザーインターフェースにこだわったサイト作りが可能だ。画像投稿サイトの 「pixiv」や先日マザーズに上場したレシピ投稿サイトの「クックパッド」は、主なユーザーであるクリエイターや主婦の使い勝手を追及した。その結果、 それがユーザーの支持を受け成長の原動力となった。「MANGAROO」もそれらのサイトと同様の戦略を描いているようだ。

Many websites have existed which allow individuals to post their manga online, but only a few were successful. Mobakids points out the flaw in website usability as a reason. Previous websites have required users to install proprietary software or to open new browser windows when viewing, which was user-unfriendly for both posters and audience. Mobakids has developed a Flash-based generating engine and is seeking a user-friendly website. Mobakids also has experience in client building for listed companies, which enables them to create rich user interface. Image-sharing website “pivix” and recipe-posting website “Cookpad” which has recently been listed on Mothers have been pursuing usability for creators and housewives which are their main users. This leaded to user support and became the driving force of their growth. Mobakids seems to be planning the same strategy.

 モバキッズは、代表が学生時代に立ち上げた会社であり、他のスタッフも中高生時代から携帯電話を使いこなすケータイ世代が中心という若い会社だ。現在は モバイルサイト構築とeラーニング構築ASPの提供を主な事業としており、「MANGAROO」のみならず若い発想から生まれる新しいサービスの誕生が楽 しみだ。

The president established Mobakids when he was a student, and the staffs are also young, who are familiar with mobile phones since junior high school. Their present business is mainly providing mobile website building and e-learning building ASPs, but we look forward to seeing new services besides MANGAROO drawn by ideas from young energy.

株式会社モバキッズ

広告掲載について