株式会社ノボット

設立日

2009年04月01日

WebSite

http://www.nobot.co.jp/

オフィス

東京都港区六本木一丁目6番1号
泉ガーデンタワー8階

役員構成

代表取締役社長 小林清剛
(Founder&CEO Kiyotaka KOBAYASHI)

取締役COO 野田智史

取締役CTO 伊澤伸

取締役CFO 造田洋典

取締役 榊原健太郎

主要株主

株式会社mediba

ファイナンス履歴

2011/08 未公表
株式会社medibaによる子会社化

2010/10 10,000万円調達
(株)ジャフコ
ニッセイ・キャピタル(株)

2010/03 3,100万円調達
ngi group(株)

2009/10 750万円調達
(株)サムライインキュベート

Twitter

@NOBOT_Global

@nobot_k(代表取締役 小林清剛)

株式会社ノボット


事業概要

掲載日:2010/09/15
株式会社ノボットはスマートフォン向けのアドネットワーク「AdMaker」を提供している。

Nobot Inc. is providing an advertising network service, “AdMaker.”

iPhoneやAndroidケータイの登場でスマートフォンアプリの市場が注目を集めている。開発者からすると、OSに用意されたマーケットを通して世界中のユーザーに直接アプリを販売ができるのが最大の魅力だ。

As iPhone and Android become increasingly popular worldwide, the market for smartphones has been attracting a great deal of attention. From the developers’ perspective, the most attractive feature of the market is the ability to directly reach users and sell their applications.

しかし一方でユーザーへのアクセスは得られてもそのマネタイズは簡単ではない。収益モデルは主にユーザー課金か広告だ。課金については、アプリの販売単価は下落傾向が続いているうえに、基本的にはアプリは売り切りで販売時にしか収益は得られない。最近ではアプリ内で追加課金ができるようになったが、まだユーザーには浸透していない。そのためアプリの販売では継続的な収益を得るのは困難だ。一方、広告については継続的な収益を得やすいが、アプリをグローバルに展開した場合、展開先の各国で広告主を得るのは至難の業だ。GoogleやAppleがグローバルに提供するスマートフォン向けの広告プログラムもあるが、アプリにとってこれらの広告プログラムが最適とは限らない。

The access to users, however, does not translate into profit automatically. Revenues come either from purchase or from advertisement. It is hard for developers to rely on purchases as a main revenue stream for two reasons. First, prices of applications have been declining for a long time. Second, developers can earn money from purchase only once. It is possible to charge existing users within applications, but this feature is relatively new and it takes time for customers to get used to such a pricing scheme.
Advertising gives developers an opportunity to earn money in a regular basis, but it is difficult to find suitable advertisers in each country or region where their applications are distributed. Google and Apple provide some advertising programs for smartphones, but such programs might not be a good match to your application.

そこで登場するのがノボットの「AdMaker」だ。「AdMaker」はスマートフォン向けアドネットワークで、利用者が広告表示の最適化や広告成果データの管理を行う機能を提供している。「AdMaker」は各国の様々なアドネットワークと提携しており、アプリ開発者は「AdMaker」を利用することで「AdMaker」の提携するアドネットワークに参加するのと同様の効果が得られる。そしてアプリに最適なアドネットワークを選択し、コンテンツマッチにより自動で広告を配信することで広告収益を最適化できる。「AdMaker」の画面上ではアドネットワーク別の広告成果を一覧できるため、アプリに最適なアドネットワークを容易に判断することができる。2010年6月にはサイバーエージェントグループのマイクロアド社や、米Mojiva社、mobile-works社と業務提携を実現しており、提携先を順調に拡大している。

“AdMaker” fill this gap. “AdMaker” optimizes advertisements and administers the data of their performance. Users can choose any advertisement networks from those affiliated with “AdMaker” and easily compare the performances of advertisement networks to judge which network is most effective for their application. As of June 2010, MicroAd of CyberAgent group, Mojiva, and mobile-works have joined “AdMaker” and more networks are coming.

ノボットは事業内容の特性上、世界を視野に入れた事業展開を行っている。例えば、一番分かりやすい例を挙げると「ノボット」で検索すると検索結果の一番上には同社の英語サイトが表示される。日本語サイトは2番目だ。サービス紹介ページも全て英語と日本語で提供している(メインサイトは英語の方だ)。開発拠点も現在、中国の上海・成都に設置している。

Nobot Inc. is expanding their business with the global market in mind. For example, when we search for “Nobot” in search engines, their English website shows up above its Japanese counterpart. Their development centers are located in Shanghai and Chengdu of China.

同社の小林代表は、日本のウェブベンチャーには珍しく「日本のケータイ(いわゆるガラケー)市場は狙っていない」という。おそらく近いうちに日本でもスマートフォンがメインストリームになるだろう。スマートフォン時代を見据えて事業を展開するノボットは、近い将来日本のウェブベンチャーに欠かせない大切なパートナーになるかもしれない。

Mr. Kobayashi, the CEO of Nobot Inc., unlike other Japanese web startups, says that they are not going after Japanese mobile market (mostly feature phones often satirically called Galapagos Keitai in Japan). Smartphones will dominate the Japanese market soon. With its emphasis on smartphones, Nobot may well be an indispensable partner of Japanese web startups in the near future.

株式会社ノボット

広告掲載について