株式会社SpinningWorks

設立日

2010年02月01日

WebSite

http://www.spinningworks.com/

オフィス

東京都目黒区青葉台4-7-27
ロイヤルステージ01 2B

役員構成

代表取締役 白形洋一
(Founder & CEO Yoichi SHIRAKATA)

主要株主

白形洋一
ニッセイ・キャピタル株式会社
三生キャピタル株式会社
株式会社DGインキュベーション
株式会社ネットプライスドットコム
プロジェクト・オーシャン株式会社

ファイナンス履歴

2011/10 4,100万円調達
ニッセイ・キャピタル株式会社
三生キャピタル株式会社
プロジェクト・オーシャン株式会社

Twitter

代表取締役 白形洋一

株式会社SpinningWorks


事業概要

掲載日:2011/08/07
株式会社SpinningWorksは電子書籍をソーシャル化するサービスと開発キット「Qlippy」を提供する、2010年設立のスタートアップだ。

SpinningWorks Inc. is a start-up that provides “Qlippy”, the service to socialize e-book and the service development kit, established in 2010.

スマートフォンやiPadを初めとするタブレット端末の認知の高まりと共に、電子書籍もここ1年ほどで大きな注目を浴びている。電子書籍の内容も、ただ紙をデジタル形式に置き換えただけのものではなく、端末の特性を活かしてインタラクティブなものやマルチメディアなものが出始めている。一方で出版社や印刷会社が各自でそれぞれのリーダーアプリや規格、電子書籍ストアを立てており、まだしばらくは消費者不在の覇権争いが続きそうだ。

As tablets such as smart phone and iPad, have been increasing its awareness, e-book has been generating a lot of attention in last one year. The contents of e-books are becoming more interactive and multimedia by taking advantages of e-book readers, instead of putting paper based books into digital format. On the other hand, publishers and printing companies have been launching their own reader applications, setting standards and e-book shops, although they will be competitive without certain consumers for a while.

そんな中、株式会社SpinningWorksが電子書籍の普及が消費者と出版社にとってどのような新しい価値をもたらすのか、という視点からサービスを提供しているのが「Qlippy」だ。「Qlippy」は電子書籍をソーシャル化するサービスで、ウェブサービス「Qlippy」と、電子書籍リーダーにソーシャル機能を追加するための「Qlippy Platform」からなる。

SpinningWorks Inc. focused on spreading the use of e-books to increase the value for both consumers and publishers, and it is how they launched the service “Qlippy”. ”Qlippy” is composed with the web service to socialize the e-book and “Qlippy Platform” to add the social function on e-book reader.

ウェブサービスの「Qlippy」はユーザが読んだ本の一部をクリッピング、シェアするサービスだ。シェアされた部分はクリッピングされた本のページに投稿され、Qlippyユーザは「本」の軸でクリップされた部分を読むことができる。また、Twitterと同様のフォローシステムがあり、ユーザ自身がフォローしている人の読んでいる本やクリップを読むことができ、クリップした「人」という軸でもクリップ内容を閲覧できる。クリップの投稿は、電子書籍のリーダーがQlippyに対応していれば、リーダー内から直接投稿することもできるし、Qlippyに対応していない電子書籍や紙の本の場合は、引用するページと引用箇所を直接入力することで投稿できる。また、Qlippyへの投稿は文章だけに限られておらず、写真や図も投稿できるので、雑誌やマンガなどもクリップしてシェアできる。Qlippyは特定のリーダーやデバイスに限らず、広く開かれたウェブサービスの形式でサービスを提供することで、ユーザがリーダーやデバイス、メディア形式の壁を超えて純粋に好きなコンテンツのシェアを楽しむことを可能にしている。

“Qlippy" is a web service that the users can clip a part of book they have read and share with the other users. The clipped part of the books will be posted and be found on the book page, and other Qlippy users can read a part of it. “Follow” function is also available on this service, just like Twitter, the follower can read the book or clips that are viewed or clipped by the users. If the e-book reader is supported for Qlippy, the user can post from the reader directly. If it is not supported or it is a paper based book, users can still post by typing in directly. Not only the text but also photographs and graphics from magazines and manga can be posted to share with the other users. The users can enjoy sharing their favorite contents without any limit of using specific readers or devices, because of the service has been provided as web service.

「Qlippy Platform」は電子書籍リーダーの提供者向けにソーシャル関連機能をパッケージ化したサービス(SDK)で、「Qlippy Platform」を利用すると、電子書籍リーダーに「Qlippy」やFacebook、Twitterといったソーシャルサービスへの投稿機能などを容易に追加することができる。「Qlippy Platform」を利用すると、電子書籍リーダーで主に3つの機能を導入できるようになる。ユーザとのリアルタイムなコミュニケーションの機能、ユーザ行動の統計データ抽出機能、ソーシャルサービスへのクリッピング&投稿機能だ。これらのクチコミの創出や、ユーザデータの収集といった出版社のマーケティングに欠かせない機能を、出版社が自ら開発/導入/運用するよりも低コストで容易にできるようにするのが「Qlippy Platform」だ。

"Qlippy Platform" is a packaged service for e-book providers with the software development kit (SDK) which are related to social media, to easily add the posting function for "Qlippy", Facebook, and Twitter, etc. on e-book reader. There are mainly 3 different functions available on e-book reader by using “Qlippy Platform” which are for communicating with other users in real time, the one for statistical data extraction of user’s action, and the one for clipping and posting on social service. Instead of developing/ Introducing/ Operating on their own, “Qlippy Platform” will ease the marketing, such as creating word-of mouth effect and collecting user’s data, for publishers with such a low cost.

世界的な動きに目を移すと、電子書籍の販売面ではAmazonとAppleのどちらかが勝者になりそうだ。一方、ユーザが電子書籍を購入した後、「読書を楽しむためのサービス」で世界的な勝者はいないようだ。ここ最近のスタートアップと同様に、SpinningWorksも創業当初から世界市場に目を向けている。日本発の世界的サービスを提供する会社になる可能性がある同社の動向に今後も注目だ。

Amazon or Apple will probably lead the e-book market in sales globally, although there is no such a winner in the service industry for users to enjoy reading books after purchasing the e-books.
Just as recent start-ups, SpinningWorks Inc. is looking at global market since they founded, and it is worth to keep your eyes on their next movement as they have a possibility to become one of the top “made-in-Japan” worldwide services.

株式会社SpinningWorks

広告掲載について