Terra Motors 株式会社

設立日

2010年04月01日

WebSite

http://www.terramotors.co.jp/

オフィス

東京都渋谷区宇田川町34-5
サイトービル3 5階

役員構成

代表取締役 徳重徹
(Founder&CEO Toru TOKUSHIGE)

主要株主

徳重徹
池田弘
村井勝
松田修一
インターウォーズ株式会社
ウエルインベストメント株式会社
みずほキャピタル株式会社
出井伸之
一柳良雄
平内優
青柳哲也
辻野晃一郎

ファイナンス履歴

未公表

Terra Motors 株式会社


事業概要

掲載日:2011/01/17
Terra Motors株式会社は電動バイクを販売する2010年設立のスタートアップだ。

Terra Mortors is a startup founded in 2010 that develops and sells electronic motorcycles.

日本で電気自動車というとまず思い浮かべるのが三菱自動車か日産自動車だろう。両者とも世界に名だたる大手自動車メーカーだ。しかし世界で電気自動車の市場をにぎわせているのは彼らのような大手メーカーではなくベンチャーや異業種の企業だ。米国では2003年創業の電気自動車メーカー、テスラ・モーターズが2010年にIPOを果たしている。中国では電池メーカーのBYDが2003年に電気自動車市場に参入し、ウォーレン・バフェットからの出資を受けたことでも注目を浴びている。特に中国では「スモール・ハンドレッド」と呼ばれる文字通り数百単位の多くのベンチャーや異業種企業が電気自動車製造に乗り出している。

What company comes to your mind when you think about electronic cars in Japan? Mitsubishi or Nissan? Both are the leading car manufacturers in the world. What is hot in today’s electronic car industry, however, is not these large companies, but startups and firms from other industries. In the U.S. Tesla Motors, which was founded in 2003, went IPO in 2010. BYD, a Chinese battery manufacturer, entered into the electronic car market and drew a lot of attention when Warren Buffet funded them. This trend is most obvious in China, where “small hundred”, literally hundreds of such companies, have ventured into the market.

そんな市場環境の中、日本でもEVに取り組むベンチャー企業が増え始めている。そのひとつがTerra Motorsだ。同社は走行距離でガソリン車と比較しても問題の無い電動バイクを製造・販売している。同社の特長のひとつがそのマーケティング戦略だ。電動バイクは走行距離ではガソリンのバイクと比べて遜色ないが、価格面ではまだガソリン車のほうが安い。そのため一般の顧客にしてみればあえて電動バイクを買う理由が無い。そこで同社は電動バイクの走行時の静粛性(静かさ)に目をつけた。電動バイクはモーターで走るので、エンジンで走る従来のバイクと比較すると非常に静かだ。この静粛性を売りにして、主に深夜から早朝に走ることの多い新聞配達用のバイクを、新聞の折込チラシの折込機を製造・販売するプレッシオ社と協力して開発、販売している。

Japan is not an exception. The number of electronic vehicle startups has been increasing and Terra Motors is one of them. They offer electronic motorcycles with similar mileage as petroleum-fueled counterparts.
One of their strengths is their clever marketing. Electronic motorcycles stand up in comparison to traditional motorcycles in mileage, but most consumers do not have any strong reason to choose an electronic motorcycle over cheaper gas-powered alternatives. Terra Motors goes a different route: they focused on the fact that electronic motorcycles are far quieter than gas motorcycles which are powered by engine. They team up with Presio, a manufacturer of inserting machines for newspapers, and sell electronic motorcycles specifically designed for newspaper delivery.

また、同社の電動バイクと並ぶ主力製品のひとつに高齢者向けの電動4輪車、シニアカーがある。シニアカーの市場はスズキやホンダといった従来の自動車メーカーがトップシェアだが、彼らの主な販路はディーラー店舗だ。しかし、ターゲットである高齢者がディーラー店舗に行く機会は少ない。同社はホームセンターやスーパーマーケットといったお年寄りが利用する場所を販売チャネルとして開拓している。

Another popular product is “senior cars”, four-wheeled electronic motorcycles for the elderly. The senior car market is dominated by traditional motorcycles manufacturers like Suzuki and Honda, whose main sales channel is dealerships. The older people, however, do not visit such dealers. Terra Motors focuses instead on home centers and supermarkets, places these people frequently visit, as sales outlets.

最近電動バイクの市場が盛り上がりを見せ始め、それに合わせて電動バイク市場に参入する企業が増えてきている。しかし多くは資本金が500万円以下で、資金調達をしてまで会社規模を追求する企業は少なく、また車種も多く、1車種2~3台程度しか販売していないという。一方Terra Motors社は資金面では拡大を目指す一方、いたずらに車種を増やすことなく1車種あたりの規模の経済の効果を狙っている点で、戦略的で他社とは一線を画す。

As the market for electronic motorcycle heats up, more firms are entering. Most of them are very small with capital less than 5M JPY and do not try to attract additional funding. They offer many models, but only sell two or three per model. Terra Motors is different: they are seeking for more funds for further expansion and do not extend their menu without clear purpose to benefit from the economy of scale.

上述したようにコスト面でハンデを背負っていた電動バイクだが、2010年10月に、同社は戦略車としてガソリンバイクより安い電動バイクを発売した。価格は10万円を切っており、この価格帯での電動バイクの大規模な販売は日本初だと言う。また、大手家電量販店と販売での提携を実現しており、コスト面だけでなく販売チャネルの面でも消費者への普及が期待できそうだ。
黎明期にある電動バイク市場に取り組む起業家精神と冷静にマーケットを見つめ獲得していく戦略的思考でTerra Motorsが飛躍する日も近いだろう。

The company strategically launched the low cost electric motor cycle in October 2010, which was known as higher cost compare to Gasoline bike. The price is less than 100,000JPY, and it is Japan’s first electrical bike to be distributed extensively in this price range.
Not only the advantage of the cost, they have been striking partnerships with major electrics retail stores, so that the sales channel will be also their strength for spreading to the consumers widely.
Terra Motors may well become the market leader soon with their entrepreneurship to dive into the electronic motorcycle market, still in its infancy, coupled with their coolheaded strategic thinking.

Terra Motors 株式会社

広告掲載について