ヴァズ株式会社

設立日

2011年09月01日

WebSite

http://vuzz.com/corporate

オフィス

東京都東京都武蔵野市御殿山1-5-6
NEST 403

役員構成

代表取締役兼CEO 舟田善
(Founder & CEO Zen FUNADA)

主要株主

未公表

ファイナンス履歴

未公表

Twitter

Vuzz Inc.

ヴァズ株式会社


事業概要

掲載日:2011/09/01
料理写真共有アプリ「SnapDish」を提供するヴァズ株式会社は2010年2月設立のスタートアップだ。

The application with food photographs “SnapDish” was started by the start-up company Vuzz Inc in February 2010.

SnapDishは2011年5月の提供開始後、約3ヶ月で100,000枚の写真が共有され、海外のAppStoreのランキングにもランクインするなど、ユーザの支持を広げている。

After sponsorship started in May of 2011 “SnapDish” in about three months has included over 100,000 pictures. It is also now ranked in overseas AppStore rankings with user support expanding.

ここ最近、スマートフォン向けの写真共有アプリが花盛りだ。「Instagram」や「Path」、「Color」といった写真共有アプリが注目を集め、写真を利用したコミュニケーションが裾野を広げている。これらのアプリでよく共有される写真のジャンルの1つが食べ物の写真だ。自分が今おいしい物を食べているという幸せな気持ちを共有したいのだろう。友人が食べているものを眺めるのも楽しい。「クックパッド」にレシピを投稿する人も、自分が作った料理を紹介したいという気持ちがそのモチベーションのひとつになっている。

Sharing photographs on smartphones is now booming. “Instagram” ,“Path” and “Color” photograph sharing application have gained popularity, and the base for this kind of communication to take root is being established. A lot of the journal's pictures that are often shared in these applications are photographs of food. Most likely people want to share the happy feeling of eating food that taste delicious, and looking at what your friends are eating is fun. On “CookPad” people are submitting recipes too. Its becoming a catchy trend where people are trying to introduce their own home made recipes.

読者の方々も料理の写真を共有したことは一度や二度はあるだろう。しかし料理の写真をイメージどおりに、美味しそうに撮るのは案外難しい。色味がうまく再現できなかったり、ピントが広い範囲に合ってしまって平凡な写真になってしまったりすることはしょっちゅうだ。もちろんカメラアプリや画像編集アプリで写真を加工することもできるが、食事中に撮影~編集~共有と別々のアプリを立ち上げて作業していたのでは、今の気持ちを共有したいという想いも目の前の料理も冷めてしまう。

Most readers have shared pictures of food at least once or twice. However, taking photos of food and making them look good is unexpectedly hard. Making the color represent the taste of the food or having the focus too wide are common problems that happen. Of course there are applications out there that can edit photos, but while you eat if you try to go through all the applications to edit the pictures then the feeling of wanting to share your experience will fade away as your meal gets cold.

そこで、料理の写真を「おいしそうに」「簡単に」「共有したい」というユーザのニーズに応えるのが「SnapDish」だ。ユーザは「SnapDish」ひとつで撮影~加工~共有~閲覧の一連の料理写真に関わる行動をシンプルな操作で実行できる。

Thus, the application that "Deliciously," "Simply," and " Shares" the users needs is “SnapDish”. With just “SnapDish” the user can take pictures, edit, and share pictures in a practical way with a simple operation that brings together photos from different websites.

料理を撮影したら、画面をタップしてぼかし効果の追加と色味の調整を行う。それだけで一眼レフで撮影して写真加工ソフトで編集したようなおいしそうな料理写真ができ上がる。できた写真は、次の画面で「SnapDish」のタイムラインやTwitterやFacebookといった他サービスへ投稿する。投稿された写真は他のユーザのタイムラインに表示され、コメントやいいね!(もぐもぐ!)で料理を通したコミュニケーションができる。単に自分が食べた物を共有するだけでなく、近所で食事した人の写真から新しいお店を発見したり、飲食店スタッフが新メニューを紹介したり、と使い方は色々考えられそうだ。

After taking pictures, make adjustments with to color and blur effects by tapping the screen. With just a single lens take photographs, and edit them to make pictures of delicious looking food. The completed picture can be posted on “SnapDish” timeline or on things like Twitter, Facebook. The posted pictures will be shown on other user's timelines, and messages like "It looks good! (Wow!)" can be made. Also, it not only shares food that you have eaten, but helps others find new restaurants around town, workers can introduce new menus, and many other uses that one can think of.

「料理を共有したい」という気持ちは万国共通のようで、「SnapDish」はシンガポールやオランダといった海外のAppStoreでもランクインを果たしている。「料理を共有したい」気持ちにフォーカスし、ユーザ視点のシンプルなUIで、世界中で支持をどこまで集めるか注目だ。

The feeling that "I want to share food" seems universal, “SnapDish” is even a ranked application in overseas AppStore in Singapore and Holland. The feeling that "I want to share food" is a central point, and with the simple UI of the user's point of view it attracts attention for users around the world.

広告掲載について