maneo株式会社

設立日

2007年04月03日

WebSite

http://www.maneo.jp/

オフィス

東京都港区虎ノ門5-3-20
仙石山アネックス105号A

役員構成

代表取締役 妹尾賢俊
(CEO Tadatoshi SENOO)

主要株主

役員
安田企業投資(株)
ディーアイティー・パートナーズ(株)
アイ・シグマ・キャピタル(株)
ネオステラ・キャピタル(株)
GMO VenturePartners(株)

ファイナンス履歴

2008/12 18,753万円調達
安田企業投資(株)
ディーアイティー・パートナーズ(株)
アイ・シグマ・キャピタル(株)
ネオステラ・キャピタル(株)
GMO VenturePartners(株)

Twitter

代表取締役 妹尾賢俊

maneo

maneo株式会社


事業概要

掲載日:2010/02/03
maneo株式会社は日本初となるソーシャルレンディングサービス「maneo」を運営している。

“Maneo” is the first social lending service in Japan run by Maneo Inc.

これまでお金を借りたい人は、銀行または消費者金融からお金を借りるのが一般的だった。銀行からお金を借りるためには、厳しい審査を通過するだけではな く、お金を借りる目的が限定されるという問題があった。自動車や家の購入であればローンを組むことができるが、結婚資金や子供が学校に入学する資金等では ローンを組むことができない。消費者金融は目的に関係なくお金を借りることはできるが、銀行からの借り入れに比べて金利が高い。ソーシャルレンディングで あれば目的にかかわらず、貸し手が納得してくれれば適切な金利でお金を借りることができる。

Through the website “Maneo”, people who want to borrow money and lend money can be matched efficiently.
Usually, when people want to borrow money they go to banks or consumer loans. In order to borrow money from a bank, one has to clear a strict screening. In addition, there are limitations on the purpose of the loan, so you can get a loan for a purchase of a car or house, but cannot for marriage or for academic fees for your children. On the other hand, consumer loans do not have limitations on the purpose but have high interest rates compared to banks. If you use social lending, you can borrow money with an appropriate interest rate if the lender agrees, regardless of the purpose.

「maneo」でお金を借りたい人(「maneo」では「ボロワー」と呼ぶ)は、サイトを通じてユーザー登録を行い審査を受ける。この審査は銀行の審査と 同じ水準のものであり、年収証明や本人確認書類等をmaneoに送付する。ソーシャルレンディングだからといって銀行の審査と比べて基準が低いわけではな い。審査を通過すれば、ウェブサイトに自分の簡単なプロフィールとお金を借りる目的、必要な金額(入札金額)、借入希望期間、借入金利、入札開始から終了 期間等を入力する。そしてこれらの情報がお金を貸したい人(「maneo」では「レンダー」と呼ぶ)に開示され、貸し手がプロフィールや借入条件を見て納 得すれば応札する。貸し手は借り手が希望する全額を融資する必要がなく、自由に金額を設定できる(ただし、貸し手が融資できる上限金額は20万円)。よっ て借り手は希望金額に達するまで何人でも貸し手を集めることができる仕組みになっている。なお、公開されるプロフィールのページに実名は表示されず、プラ イバシーは完全に保護されている。

When a person wants to borrow money though “maneo”, the borrower first has to register online and undergo a screening. The quality of the screening is the same as a standard bank, so the user has to send their annual income certifications and identity verification documents to Maneo. Once you clear the screening, the borrower posts a brief personal profile and basic information such as purpose of the loan, amount of money (bid price), loan term, interest rate, and the bid term online, which is then disclosed to the lenders. Once the lender confirms the profile and agrees to the loan conditions, they bid for the borrower. The lender does not necessarily have to lend the amount the borrower wishes but can set an amount on their own will. (However, the upper limit a borrower can loan is 200 thousand yen). In contrast, the borrower can solicit as many lenders they want until they reach the necessary amount. One’s name is not revealed on the website so privacy is protected.

maneoが提供するソーシャルレンディングの事業スキームは、maneo自身が借り手に貸し付け、その金銭債権に対して貸し手が出資する形を採ること で、法律上の問題をクリアしているという。maneoは貸金業者として、ウェブサービスのmaneoの運営および借り手の審査や返済の督促などを行う。貸 し手と借り手の融資が成立すると、融資金額の1.5%を手数料として貸し手から受け取り、借り手からの元利金返済時にも支払金利の中から年利1.5%を受 け取ることで収益を得ている。借り手が返済できなくなり回収不能になった場合は、まずmaneoが郵便等で督促を行う。それでも回収できない場合は、債権 回収会社にこのローン債権を売却しその売却金額分のみを貸し手に返済する。maneoは貸し手の損失を補償しないため、貸し手に融資のリスクが生じること になる。

Maneo sustains a legal business by directly lending the money to the borrowers and letting the lenders invests to this loan. As a moneylender, Maneo runs the website “maneo”, and conducts screening and urge payment to the borrowers. Once the deal is made between the borrower and lender, they receive 1.5% of the total investment amount from the lender as commission fee. They also receive 1.5% of the interest from the borrowers at repayment. When the borrower cannot pay back, Maneo first calls for payment by mail. If they still cannot collect the loan, they cash out the loan to the debt collection company. The amount gained on disposal is repaid to the lender. Maneo does not compensate for the loss of the lender so there is a financial risk for the lender.

リーマン・ショック以降、日本経済も大きな傷を負い、銀行等の貸し渋りが社会問題化している。一方で日本国民の金融資産は1,400兆円もあるが、高い利 回りが期待できる良い投資先がないためそのほとんどが銀行預金に眠ったままと言われている。maneoが提供するソーシャルレンディングサービスは、お金 を借りたい人と良い投資先を探している人とをマッチングするという社会的および経済的な意義を持った画期的なサービスといえるだろう。

Maneo sustains a legal business by directly lending the money to the borrowers and letting the lenders invests to this loan. As a moneylender, Maneo runs the website “maneo”, and conducts screening and urge payment to the borrowers. Once the deal is made between the borrower and lender, they receive 1.5% of the total investment amount from the lender as commission fee. They also receive 1.5% of the interest from the borrowers at repayment. When the borrower cannot pay back, Maneo first calls for payment by mail. If they still cannot collect the loan, they cash out the loan to the debt collection company. The amount gained on disposal is repaid to the lender. Maneo does not compensate for the loss of the lender so there is a financial risk for the lender.

maneo株式会社

広告掲載について