ピクシブ株式会社

設立日

2005年07月25日

WebSite

http://www.pixiv.co.jp/

オフィス

東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5
JPR千駄ヶ谷ビル5F

役員構成

代表取締役社長 片桐孝憲
(CEO Takanori KATAGIRI)

取締役副社長 永田寛哲

取締役 青木俊介

主要株主

未公表

ファイナンス履歴

未公表

Twitter

代表取締役 片桐孝憲

ピクシブ

チョビ

BLOG

pixiv開発者ブログ

ピクシブ株式会社


事業概要

掲載日:2009/09/09
「pixiv」はピクシブ株式会社が提供する、イラストに特化した画像共有SNSだ。

“Pixiv”, an illustration-sharing SNS run by Pixiv Inc.is a service close to Flickr (provided by Yahoo), only its main content is illustrations.

「pixiv」はイラストでのコミュニケーションに特化したSNSであり、「mixi」などのSNSにも、通常の画像共有サイトにもない特徴を持っている。
「pixiv」におけるコミュニケーション方法の中心はイラストだ。そのため、日本のSNSによく見られる、日記や足あと(他のユーザーのアクセスログ) などの機能は提供されていない。日記で情報を発信するかわりに自分の最新のイラストと、自分が最近ピクシブ内でブックマークした他のユーザーのイラストを 情報として発信する。他のSNSと同様にプロフィールページがあり自己紹介などを掲載できるが、最新の投稿イラストとブックマークがプロフィールよりも画 面上部に表示される設計になっており、ユーザーのパーソナリティを表すものとして文字のプロフィールよりもイラストが重視されている。また、イラストへの コメントも文章ではなくイラストでつけることができ、イラストを介したコミュニケーションが追求されている。

Pixiv has some unique characteristics which other SNS such as “mixi” or image-sharing websites do not. The main communication method in Pixiv is illustrations, so the service does not provide features often seen in other Japanese SNS services, such as diaries or “ashiato” (access logs of other users who visited your page). Instead of posting diaries, a user posts illustrations of their own or of another user in their bookmark.
A similar feature with other SNS services is the profile page, a space where you can introduce yourself, but this area is designed to come beneath the illustrations and bookmark area. Pixiv values illustrations more than text to express a user’s personality. A user can also comment to an illustration by illustration, and not by text, which is another unique feature where we can see that Pixiv is seeking communication using illustrations.

「pixiv」のビジネスモデルは主に広告とユーザー課金だ。広告には通常のバナー広告やテキスト広告と、企業とのコラボレーション企画によるものがあ る。コラボレーション企画では広告主がテーマと賞品を設定し、ユーザーがテーマに沿ったイラストを提供する。例えば、2009年8月現在、ペンタブレット メーカーであるプリンストン社との企画が開催されており、今後発売予定の新商品に使用するイラストの募集がされている。
ユーザー課金については、ユーザーは月額525円を支払うことでpixivプレミアムの機能が利用できるようになる。また、2009年8月にプレミアム会員向けの新機能が追加され、プレミアム会員はサービスをより便利に利用できるようになった。

The business model of Pixiv is mainly advertisement and user fees. Advertisement is consisted of regular banner ads, text ads and sponsored ads. Regarding sponsored ads, an advertiser selects a theme and prize, while the users provide illustrations which fit the theme. For example, collaboration with pen tablet manufacturer Princeton Technology is being held as of August 2009. Princeton is calling for entries for an illustration to adopt for their new product.
As for user fees, a user can use the Pixiv premium service by paying a monthly fee of 525 yen. In August 2009, new features were added to the premium service which enhanced the usability for premium users.

「pixiv」は2007年9月のサービス開始当初から大きな支持を得ており、同月内に会員数が1万人を突破、サービス開始から2年足らずの2009年6 月には100万人を突破した。圧倒的な成長スピードにより2008年12月には一時新規会員登録の停止を行ったこともあった(同月内に新規登録を再開)。 さらに、会員数だけでなく、1ユーザー当たりの平均PVが約33PV(2009年3月現在)と、他のサービスと比べて1ユーザー当たりの閲覧ページ数が多 いのも特徴的だ。また、サービスは日本語のみの対応だが、海外からのユーザーも増加しており、イラストでのコミュニケーションを武器に言葉の壁を越えて ユーザーを集めている。また、2009年7月には「サイボーグ009」「仮面ライダー」の石森プロが公認アカウントを取得した。「pixiv」内の二次創 作作品をブックマークしたり、石森作品のファンとのコミュニケーションをとることを目的としていると言う。通常二次創作作品は著作権者から削除依頼がされ るなど何かしらの制限がされるのが通常であり、石森プロの取り組みは新しい取り組みといえる。
海外からもアニプロダクションからも注目される「pixiv」はコミュニケーションとコンテンツの新しい関係を築くかもしれない。

Pixiv instantly became popular after its launch is September 2007. The number of users reached 10,000 in the first month. In June 2009, just after two years from launch, the number reached 1 million. The website got extremely popular that new registrations were forced to temporarily close in December 2008 (it resumed in the same month).
In addition to the high number of users, the average page view per user is also high. The average page view per user is 33PV as of March 2009, which is relatively high compared to other services.
Currently, the service is only in Japanese, but users from overseas are increasing as well. The service is breaking down the linguistic hurdles by taking advantage of “communication through illustration”.
In July 2009, Ishimori Production, famous for “Cyborg 2009” and “Masked Rider”, acquired an account on Pixiv. Their aim is to bookmark secondary used illustrations inside Pixiv and also to communicate with Ishimori fans. Generally, secondary used illustrations are required to be deleted by the creators, so this project by Ishimori Production is a very new approach.
Pixiv is also drawing attention from foreign anime productions. They may be establishing a new relation between communication and content in the future.

ピクシブ株式会社

広告掲載について